セロトアルファの口コミと効果

WS000095

 

セロトアルファとは

 

大麦発酵酵素の力で、なんと、脳から鬱や不眠を改善します。

 

こんな症状がよくなった500人モニターからの声が届いています。

  • 精神安定剤、睡眠薬が必要なくなった
  • イライラや焦り不安感がなくなった
  • ぐっすり眠れて朝も快適
  • 生理不順が解消

 

鬱、不眠などは脳内神経伝達物質のセロトニン不足が原因です。

セロトニンを増やせば症状は消え、鬱の治療薬のメカニズムにもなっています。

「セロトアルファは脳内神経伝達物質を活性化させ、薬の副作用の心配もなく脳から鬱や不眠を改善します。

 

 

原材料

発酵大麦エキス末(発酵大麦エキス、デキストリン)、焼成カルシウム、 ビフィズス菌(乳成分を含む)、PMC、加工澱粉、グリシン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、フェルラ酸、パントテン酸カルシウム、着色料(カラメル)、二酸化ケイ素

 

 

発売元

アイシー製薬株式会社
東京都大田区蒲田5-29-3 酒巻ビル9F

 

↓セロトアルファの公式サイトはこちら
うつ・不眠でお悩みなら。全く新しいサプリ【セロトアルファ】

リラクミンプレミアムの口コミと販売店

WS000091

 

リラクミンは、5つのメンタル系サプリメントです。
商品は全て30日分になります。

 

症状に合わせて5種類のメンタルサプリメントを用意しています。

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

(例・不眠、うつ病、パニック障害、自律神経失調症、更年期障害、ストレスなど)

◆楽天ランキング1位獲得200週以上の実績◆

 

症状に合わせて5種類選択できるのは、リラクミンだけです。

 

【リラクミン】

認知症、忘れっぽい方、メンタルのお悩みプラス頭(脳)のお悩みに。

主成分・天然メラトニン、バレリアン、クワンソウ、ギャバ(GABA)、テアニンなど

 

【リラクミンSe】

主成分・ラフマ葉エキス、クワンソウ、ギャバ

 

【リラクミンナイト】

主成分・グリシン、クワンソウ、トリプトファン、テアニン、ギャバなど

 

【リラクミンクリア】

主成分・セントジョーンズワート、クワンソウ、エゾウコギ、トリプトファン、ギャバなど

 

【リラクミンプレミアム】

主成分・ラフマ葉エキス、ギャバ、クワンソウ、DHA、EPA、アルファGPC、イチョウ葉エキス、エゾウコギなど

 

公式サイトはこちら

メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】

黒にんにく とは

023

 

黒にんにくとは

生にんにくには、わずかしか含まれないS-アリルシステイン、シクロアリイン、ピログルタミン酸などが豊富に含まれる黒にんにくは、“不思議な黒い果物”とも呼べる健康食品です。

弘前大学医学部教授 佐々木 甚一教授時代の2006年に行った動物試験の結果は、新聞などで大きく取り上げられました。

 

ブラックガーリックとも呼ばれます。

Black garlic is a type of caramelized garlic (a Maillard reaction, not fermentation) first used as a food ingredient in Asian cuisine. It is made by heating whole bulbs of garlic (Allium sativum) over the course of several weeks, a process that results in black cloves. The taste is sweet and syrupy with hints of balsamic vinegar or tamarind. Black garlic’s popularity has spread to the United States as it has become a sought-after ingredient used in high-end cuisine.

The process of producing black garlic is sometimes incorrectly referred to as fermentation, but it does not in fact involve microbial action.

 

EPAとは

benkyou

 

EPAとは

EPAとは、人間の体内では作ることのできない非常に有用な栄養素、多価不飽和脂肪酸の一種でエイコサペンタエン酸(eicosapentaenoic acid)の略称です。

人間の体内では作ることのできない栄養素ですが、必須脂肪酸の一つなので食べ物から摂取する必要があります。

 

エイコサペンタエン酸(エイコサペンタエンさん、eicosapentaenoic acid、EPA)またはイコサペンタエン酸(icosapentaenoic acid)は、ω-3脂肪酸の一つ。

 

ごく稀にチムノドン酸(timnodonic acid)とも呼ばれる。

 

分子式 C20H30O2、示性式 CH3CH2(CH=CHCH2)5(CH2)2COOH で、5つのシス型二重結合をもつ20炭素のカルボン酸である。

 

EPAは、魚油食品、肝油、ニシン、サバ、サケ、イワシ、ナンキョクオキアミから得られる。

魚介類100g中の主な脂肪酸については魚介類の脂肪酸を参照のこと。

また、母乳にも含まれている。

 

基礎研究で脂質代謝、血液凝固異常の改善が認められた。

 

1日4グラム以下のEPA、DHAの摂取により、LDLコレステロール値5%–10%、中性脂肪値が25%–30%低下した。

 

神戸大学の研究では、1日2700ミリグラムのEPAを8週間投与することにより本態性高血圧患者の収縮期血圧が低下した。
また認知症患者への投与で認知機能の改善、手術前のアルギニンなどとの併用投与で、感染症予防、創傷の治癒促進の報告がされている。
大規模臨床試験「JELIS」において、EPAは冠動脈疾患を優位に予防したと報告された。

 

 

DHAとは

benkyou

 

DHAとは

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、EPA(エイコサペンタエン酸)とともにマグロやカツオ、イワシなどの青魚に多く含まれる、青魚のサラサラ成分・必須脂肪酸です。

DHAは脳に多く存在するとされ、記憶力や集中力の維持、リラックスした気分にはたらくとされています。

 

ドコサヘキサエン酸(ドコサヘキサエンさん、Docosahexaenoic acid、略称 DHA )は、不飽和脂肪酸のひとつ。

 

分子式 C22H32O2、示性式 CH3CH2(CH=CHCH2)6CH2COOH で、6つの二重結合を含む22個の炭素鎖をもつカルボン酸 (22:6) の総称であるが、通常は生体にとって重要な 4, 7, 10, 13, 16, 19 位に全てシス型の二重結合をもつ、ω-3脂肪酸に分類される化合物を指す。

 

魚油に多く含まれ、日本人は魚類を食べることによって多く摂取していたが近年は減少している。

ヒトでは、体内で合成できないα-リノレン酸から体内でDHAを合成するため、広義では必須脂肪酸となる。

 

健康増進効果があるとされ、EPAと同様にサプリメントや食品添加物として利用されている。

 

DHAの摂取は血中の中性脂肪(トリグリセライド)量を減少させ、心臓病の危険を低減する。

 

また、DHAが不足すると脳内セロトニンの量が減少し、多動性障害を引き起こすという報告がある。

 

アルツハイマー型痴呆やうつ病などの疾病に対してもDHAの摂取は有効であるといわれている。

 

一方で、DHA投与がアルツハイマー病の症状を改善しなかったとの報告や悪玉コレステロールのLDLを大幅に上昇させることがわかっている。
うつ病が20世紀になって増加しているがω-6脂肪酸を多く含む植物油の摂取が増加したことと軌を一にする